" 一括査定の利用手順と売却時の必要書類

一括査定の申し込み方法と売却時に必要な書類

これ 車一括査定の具体的な利用手順

ごく当たり前の簡単な話。
たくさんある車買取業者を自分で選び、それぞれに電話をかけて査定を依頼するのは大変面倒ですし、時間もかかります。

これに比べて、ネットから査定を依頼するのは大変簡単です。
しかも一括査定なら、一度の申し込み入力で最大8社もの査定額を一挙に比べることができます。

一括査定は、次のような手順で愛車の査定をスピーディーに行ってもらうことができます。
(「車買取比較com」の場合の手順の例…他の一括査定でもほぼ同じです。)

① 車の走行距離をメモし、車検証を手もとに準備する。

② このページの一括査定の詳細をクリックする。

③ 申込み画面が出たら中央にある国産か外国車か選び、郵便番号を記入する。
   (この郵便番号の記入で近隣の買取会社が選ばれることになります。)

④ 「一括査定スタート」のボタンを押し入力画面に移る。

⑤ 入力はほとんどが「▽」のボタンによるメニューで項目を選ぶだけです。

⑥ 最後に連絡先を記入して終わりです。

このように、愛車から車検証と走行距離のメモを手もとに用意するだけで
ほぼ数分間で申込みすることができます。


これ 車査定・車買取に必要な書類

■査定だけを行う場合

 ①ネットの一括査定・・・車検証、(走行距離を控えたメモ)
 ②出張査定    ・・・車検証、自賠責保険証明書

■車を売却する場合

・自動車検査証 (管轄陸運局…免許証が必要)
・印鑑登録証明書 (市役所・区役所…実印が必要)
・自賠責保険証明書 (加入保険会社…免許証必須)
・自動車納税証明書 (都道府県税事務所)
・実印 (市役所・区役所)

※この他、査定額に影響する要素と言われており、出張査定時に用意した方がいいものは次の4点です。

・整備手帳
・各種取扱説明書
・スペアキー
・社外部品付きの場合は該当純正部品


<注意>保証書・取扱説明書は保存しておこう

近年カーナビをはじめ便利な車内装備が増えていますが、これら付属品も車査定時のポイントになります。

車査定の時に意外な落とし穴になるのが取扱説明書です。
高性能なカーナビなどを装備していても、新しいオーナーがその装備の使い方がわからなければ価値が半減してしまいます。

「もう使い方を覚えてしまったから要らない」とばかりに取扱説明書を粗末にしたり紛失してしまう場合が多いようですが、純正品・社外品を問わず取扱説明書は車内にしっかり保管しておきたいものです。

また、保証書も、高年式の車の場合ディーラーの保証を次のオーナーに受け継ぐために必要となります。
車を売る場合のことを考え、大切に保管し忘れずに準備しておきましょう。

純正品から社外品パーツなどへの交換がある場合、純正品は必ず保管しておくようにしましょう。

中古車市場で車を購入する人の好みは一人一人違います。
市場へ再流通した時に、多様な好みに対応できる方がプラス査定につながりやすいというわけです。

利用者が多い人気の一括査定を比較

これ かんたん車査定ガイド

注目入力はたったの10項目、しかも所要時間はたった30秒あまり!
注目いま一番安心で使いやすいと注目の【無料】一括査定サービスです。
注目TV・雑誌で有名な一流業者、コダワリの専門業者など多数の買取業者と提携。
注目入力後すぐに取引実績による概算価格がわかるのはこのサービスだけです。

詳細はコチラ こちら かんたん車査定ガイド

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

二位 カーセンサー.net簡単ネット査定

注目リクルート社の中古車情報サイト「カーセンサーnet」による無料一括査定。
注目簡単な入力で複数の買取店に車査定の依頼を一括で申込みできます。
注目サイトには初心者向けガイダンス、車査定Q&A、査定アップのお手軽テクニックなどお得情報が満載です。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

三位 カービュー

carview

注目月間アクセス国内No.1を誇る自動車情報サイト「カービュー」の一括査定。
注目ガリバー、アップル等大手から中小業者までの中から最大8社の比較が可能。
注目国産車・輸入車のほかトラックや商用車、事故車も査定してくれます。


このページの先頭へ